ブログ

妻の髪を毎日乾かしたい

一緒に住んでから4ヶ月ちょい過ぎました。

僕の両親は熟年離婚で、典型的なダメな父親を間近でみてきました。

「父親のようにはなりたくないな」

そんなことを長年思っていたのですが、そうやって父親を否定し続けることでかえって同じ道をたどってしまうということがよくあるし、女性も同じように「親のようになりたくない」と思うことで、自分自身を苦しめてしまうことにも繋がってきます。

カウンセリングで多くの女性の話を聴いたり、自分でいろいろと心理的な部分を考察しているせいか、初婚ですが同棲・結婚生活を冷静にみることができている気がします。

恋愛や結婚で最も大事なのはなんでしょうか?

僕は愛情がもっとも大事だと思います。

もちろん中にはお金とか安心とか他の答えもあると思いますが、それはそれで構わないので、自分の言葉に置き換えてください。

大事なものが何であれ、結局は相手に伝わらなければそれを「二人の関係性の中で大事にした」ことにはなりません。

自分の中だけで完結している愛情は、自己満足になってしまっているだけかもしれません。

「妻にしてあげられることってなんだろう?」

会社員よりは家にいる時間も比較的あったりするので、家事なんかはある程度分担ができます。
でもそれでは妻のためというよりは、二人の生活のため。

妻にしてあげられることって、意外と思いつかないもんです。

そこで、お風呂の後に髪を乾かしてあげようと思い、なるべく毎日妻の髪をドライヤーで乾かすことにしました。

やってみると結構楽しいんですよ。
妻の後姿を見ながら髪を触っていると、愛おしく感じて。

これが楽しくないと感じたり、面倒くさかったらやらないほうがいいんですが(その人に合った方法を他に探したほうがよい)、無理のない範囲で続けようと思っています。

毎日やらなきゃって思うのも違うので、忙しいときや疲れているとき、用事があるときは無理してまでやらない。

そして見返りも求めない。僕がやりたくてやっていることだから、見返りなんて求めてしまったら、押し売りのセールスみたいになってしまいます。

パートナーに見返りを求めないというのも、結婚生活においては重要な気もします。
愛されることを求めないとかじゃなくて、なにをしてもらうかより、「自分がパートナーとなにをしたいか」という自分の欲求や願いを共有することのほうが大事だからです。

恋愛や結婚で悩んでいる人は、パートナーに対して「こうして欲しい」ということで悩んで、相手の行動を変えようとしてしまいますが、「こうして欲しい」ではなく「私はこうしていきたい」っていう【自分の気持ち】を伝えることができていなかったりします。

気持ちが通じてないから、話も通じない。

パートナーの行動を変えようとするのは、わがままになってしまうかもしれませんが、自分の気持ちを伝えることはわがままでも何でもなく、自分の人生を豊かに生きるために必要なことです。

関連記事

  1. 高松猫カフェ
  2. 由加温泉ホテル 山桃花ランチ
  3. 合鴨パスタ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP